メダカ(Livebearer&Killifish)の仲間

メダカの仲間は卵胎性メダカと卵生メダカの2グループに分けられます。
メダカの生息地域卵胎性メダカはグッピーやプラティ、ソードテールなどで中米~南米北部の淡水や汽水域に生息しています。メスの体内で卵が受精し、稚魚を産む為に繁殖が簡単で、 子供達には大人気です。また、数多くの改良品種ありコンテストなども盛んに行われていますが、最近では原種のワイルドグッピーも人気が出始めました。

卵生メダカは全世界に分布し、独特の色柄にまず目を奪われます。どの品種も宝石の様に美しいのですが、 乾季に水の無い土中で卵が保持されるなど生態が非常に変っています。

卵胎生メダカ

ブルーグラス・グッピー(分布:改良品種、全長:♂5 ♀7cm)
ブルーグラスグッピーグッピーにはこの他にも数え切れないほどの改良品種があります。メンデルの法則が通用する事がその理由で、 ある程度の品種理解をしてしまえばある程度自分の考える品種を作り出す事も可能です。
ミッキーマウス・プラティ(分布:改良品種、全長:5cm)
ミッキーマウスプラティメキシコ原産のワイルド・プラティを改良して作出した品種で、他にも様々な品種が存在します。 ミッキーマウス・プラティはお尻の黒い模様が横から見るとあのネズミ柄に見える事から特に人気の品種です。
ブラックモーリー(分布:メキシコ、中央アメリカ、全長:7cm)
ブラックモーリー水面に発生した油膜や、様々な苔も食べてくれます。中でも他の魚が食べようともしないラン藻を食べてくれる希少な魚なので、 とても重宝します。ただ、本来が弱アルカリ性を好む魚なので、水草水槽では調子を崩しやすいのが難点
その他、メダカの仲間
モザイクグッピーワイルド・グッピー、レッド・ソードテール、シルバーセルフィン・モーリー、アフリカン・ランプアイ、モザイク・グッピーなど

卵生メダカ

アフィオセミオン・ガードネリィ(分布:ナイジェリア、全長:6cm)
アフィオセミオンガードネリー赤、青、黄色のド派手な卵生メダカ。この仲間にしては飼育・繁殖も容易で入門用とされています。地域別に数タイプあるが、どれも非常に派手で魅力的です。

2017-11-11熱帯魚編

Posted by red565