シクリッド(Cichlid)の仲間

シクリッドの生息地域シクリッドの仲間とは簡単に言うと”ちょっと気が荒く、海産のスズキから進化した小型~中型の魚達”です。 南アメリカ大陸とアフリカ大陸に多種多様な魚達が生息し、それぞれ南米シクリッド、アフリカンシクリッドと呼ばれています。

また、繁殖方法も非常に変った種類が多く、夫婦で卵や稚魚を守るエンゼルフィッシュやディスカス、卵や稚魚を口に含んで育てるマウスブリーダーの魚達など、 人間でも感心するほど献身的に子育てを行います。

南米に住むシクリッド

エンゼルフィッシュ(分布:アマゾン川、全長:12cm)
エンゼルフィッシュシクリッドの中で一番有名であろう品種ですが、名前とは裏腹に性格は多少気が荒いです。ですが、夫婦で子供を守り育てる姿は非常に感動的です。 現在は採集ワイルド個体の他にも東南アジア産の養殖個体が多数輸入されています。
タイガー・オスカー(分布:改良品種、全長:30cm)
オスカー東南アジアで繁殖されており、他にもアルビノオスカーやレッドオスカーなどがいます。非常に丈夫で飼いやすく、 何故か中高生に大人気。人間にとてもよく馴れるのでペットフィッシュとして飼われる事が多いのですが、歯は鋭いので注意。
ラミレジィ(分布:コロンビア原産の改良品種、全長:6cm)
オランダラミレジィ南米原産の魚ですが、ドイツやオランダなどで品種改良を行い、原種以上に綺麗な品種となりました。混泳も可能ですが水槽内での繁殖も可能で、個人的には好きな魚のひとつです。
ディスカス(分布:アマゾン川の中上流域、全長:18cm)
ディスカス(改良品種)熱帯魚の王様とも言われるディスカスは南米原産のシクリッドですが、長い間改良され続け、まるで宝石のように綺麗な品種になりました。
南米に住むその他の魚達
アピストグラマ・アガシジー、ゲオファーガス、アイスポットなど

アフリカに住むシクリッド

H.アーリー(分布:マラウイ湖、全長:15cm)
アフリカンシクリッドたち海水魚ではないかと間違うほどメタリックな濃紺色の魚で、アフリカンシクリッドの中でも非常に人気のある品種です。 この他にもアフリカンシクリッドの仲間は色彩が非常に派手で印象的ですが、マウスブリーダーという独特の繁殖方法も有名です。(右の青い個体)
L.カエルレウス(分布:マラウイ湖、全長:8cm)
全身鮮やかな黄色で、アーリーとともに人気があるアフリカ産のシクリッドです。アーリーと同様にマウスブリーダーで、水槽内での繁殖も可能です。(写真は上の黄色い個体)
フロントーサ(分布:タンガニイカ湖、全長:30cm)
フロントーサ白黒縞にブルーがのった通称「デコッパチ」。♂の額は著しく盛り上がり、海水魚のブダイを想像させます。 タンガニイカ湖の採集地によって色や縞が違い、値段も様々です。

2017-11-11熱帯魚編

Posted by red565