古代魚(Ancient Fish)の仲間

古代魚の生息地域”生きた化石”と呼ばれ太古からほとんどその姿を変えずに生息している古代魚。その魅力は言うまでもありませんが、 その魅力を堪能するには多少の経済力が必要です。全長は30cm~2m以上と大型な種類が多く、餌も生き餌を中心に食べるので何かとお金が掛かりますし、 大きく長生きするので飼育に関しては良く考えてからにしましょう。

何故なら、残念な事に無責任な飼育者が引取り依頼が非常に多々あります。魚達の気持ちになって責任ある生涯飼育を行ってあげて下さい。

古代魚の仲間たち

シルバー・アロワナ(分布:ブラジル、全長:1m以上)
シルバーアロワナ4種類あるアロワナの中で最も値段が安く、メジャーなある魚。成長が早い上にサイズが1mを超える事を考えず(知らず)に飼育される事が意外と多く、 引取り依頼が非常に多いので飼育しようと考えられている方には再考する事をオススメします。
アジア・アロワナ(分布:マレーシアなど、全長:60cm)
アジアアロワナアロワナの中で一番高価で、人気のある品種。その額は2万円位~で天井知らず、華僑の間では幸運を呼ぶ魚として珍重されています。 色彩などによって様々なタイプがありますが、現在はワシントン条約によって養殖個体のみ輸入が許されています。
アリゲーター・ガー(分布:フロリダなど、全長:3m以上)
アリゲーターガーワニの様な熱帯魚で、古代魚の代表品種。ガーの仲間は他にも数種類いますが、どれも大きくなり、他の魚同様最低でも1500cm以上の水槽が必要。 低温での飼育が可能で、琵琶湖では捨てられた個体の自然繁殖が確認されており、環境問題となっている。
ピラルクー(分布:ブラジル、ギアナ、全長:2m以上)
ピラルクー世界最大の淡水魚として非常に有名な熱帯魚。鱗が靴ベラになるほど大きく、管理人が昨年行った別府の地獄温泉にも2m程度の個体がいました。 そう言えば鹿児島の水族館にも沢山いたなぁ。(何故かここだけ口語調)
マンチャ・デ・オーロ(分布:トカンチンス川、全長:50cm)
淡水エイ水玉模様の淡水エイで、非常に人気があります。淡水エイの中では比較的丈夫で、人間にもよく馴れますが、尻尾の付根に毒を持った棘があり、 非常に危険なので注意しましょう。

2017-11-11熱帯魚編

Posted by red565