その他の仲間

汽水魚の生息地域ここでは主に”汽水域”に住む魚達を紹介します。汽水域とは河口付近の海水と淡水が交じり合う地域で、面白い生態の魚達が多数生息しています。

フグや、鉄砲魚として有名なアーチャーフィッシュ、海起源の先祖を持つレインボーフィッシュなど個性的ですが、中には飼育にあたって注意が必要な種類もありますので、 購入の際には十分確認して購入しましょう。また、エビや貝の仲間もわずかですが紹介します。

8の字フグ(分布:シングー川、全長:5cm)
8の字フグミドリフグと並んで人気のあるフグ。飼育にあたっては1/2~1/4海水程度の塩分濃度が飼育水に必要で、基本的には単独飼育が望ましい。
アーチャー・フィッシュ(分布:東南アジア、全長:15cm)
アーチャーフィッシュ通称”てっぽう魚”と呼ばれ、口から水を吹き出して水面上の餌を取るのは非常に有名。ただ、空腹にならないとしない事と、 純淡水~1/2海水程度の汽水を好むのはあまり知られていません。
レッド・ビーシュリンプ(分布:改良品種、全長:2cm)
レッドビーシュリンプビー・シュリンプから作出された改良品種で、赤白の縞縞が非常に綺麗。非常に人気があり、苔取りとしてでは無く観賞用として飼育・繁殖されています。 他にもエビの仲間は数種類が流通しています。
ニューギニア・レインボー(分布:ニューギニア南部など、全長:6cm)
ニューギニア・レインボーオスのヒレが伸長し、インパクトの強い魚。オス同士が闘争する際に各ヒレを広げ(フレアリングと言う)、争う様は小さいながらも見ごたえがあります。
レインボースネーク・ヘッド(分布:インド、全長:10cm)
レインボースネークヘッド数あるスネークヘッドの中で、サイズが小さく綺麗な事で非常に人気がある品種。アナバス種同様にラビリンス器官を持ち空気呼吸を行いますが、 その際などにジャンプして飛び出す事が非常に多いので飼育には注意が必要。
その他
ダトニオダトニオ、ネオンドワーフ・レインボー、バジス・バジス、バタフライ・レインボーなど

熱帯魚編

Posted by red565