貝を食べてくれる魚達

小中型の魚を飼育する場合、見た目をより良くするために水草を入れることが多々あります。水草を入れること自体には問題ないのですが、時々水草に付着していた小さい貝(スネール貝)やその卵が一緒に水槽内に入ってしまい、その貝が大繁殖することがときどきあります。

スネール貝自体にそこまで害はないのですが、見た目にあまり良いものではありません。そこで、ここではそういった貝を食べてくれる魚達を紹介します。

紹介する魚達に頼らず、人力で貝を取っても良いのですが一つだけ注意があります。それは『貝を潰さないこと』。卵を持っている貝がいますので、潰してしまうと卵が水槽内にバラまかれ、かえって逆効果になることがあります。

トーマシー
トーマシー繁殖力旺盛な貝を一網打尽にしてくれるほどよく食べるので、スネール貝の駆除には最適の魚なのですが、 カラシンよりもかなり大きくなる上に、大きくなると多少気が荒くなるのが難点です。エンゼルフィッシュやグラミーなど、中型の魚達と混泳させるのであれば、最適でしょう。
バジス・バジス
バジス・バジス別名カメレオンフィッシュと言われ、オスは環境によって青くなります。メスの方は・・・地味です。テトラミンはなかなか食べてくれないので、 AP-1フードやブラインなど給餌に気を使ってあげた方がしょう。
スカーレット・ジェム
スカーレット・ジェム数年前に発見された品種で非常に人気があります。最近は値段が下がり、流通量も多くなったので手に入りやすくなりました。飼育に関してはバジスと同様です。
クラウンローチ
クラウンローチスネール貝を駆除してくれる魚には気性が荒い種類が多いのですが、このクラウンローチはとても温和です。 最終的なサイズはやや大きくなりますが、それでも60cm水槽(できれば中型魚との混泳)であれば生涯飼育も可能ですし、何より可愛くて人気があります。ただし、白点病になりやすい魚なので、その点だけは注意しましょう。

熱帯魚編

Posted by red565