アロワナの飼育方法

中高生から大人になったお金持ちの方まで広く人気があるアロワナ。ここでは、そんなアロワナの紹介や、基本的な飼育器具、飼い方などについて説明したいと思います。

アロワナの種類について

シルバーアロワナ 全長:100cm以上、分布:アマゾン川全域
シルバーアロワナ安価(1500円位~)で流通量も多く、アロワナ飼育の入門魚として飼育される事が多い。 しかし、サイズが大きくなる上に大食漢なので大きくなってから手に余る事が一番多い品種でもあります。アロワナはどの品種でも餌代は大して変わらないので、 金銭的に余裕があるのであれば他の品種の方をお勧めします。
ブラックアロワナ 全長:60~90cm以上、分布:ネグロ川
ブラックアロワナ幼魚は色が真っ黒ですが、成長に伴い少し色褪せてしまいます。シルバーに比べるとサイズはやや小さく美しいのですが、 水質に神経質な面があり、なかなか大きくなりません。値段は5000円程度~で流通量はまずまずです。
ノーザンバラムンディ  全長:50cm以上、分布:オーストラリアなど
ノーザンバラムンディオーストラリアに生息するアロワナで性格は荒い。シルバーなどと体型が違い、人気はあるのですが、 価格は8000円程度~とやや高いです。流通量はまずまずですが、スポットタイプはあまり流通していません。
アジアアロワナ 全長:60cm以上、分布:東南アジア
アジアアロワナ大人気のアロワナで価格も数万~数百万円とバラバラ。中でも一番安いのはグリーンアロワナ と呼ばれるタイプで、色合いはシルバーにややグリーンが入った感じです。
現在は赤や青紫になるタイプが人気らしいですが、 非常に高価な為に注文販売のみされているお店などもあります。

主な飼育器具

水槽
大型水槽どの種類のアロワナを飼育するにしても、大きな水槽が必要です。
お客様から「普通の90cm水槽でアロワナを飼育できますか?」とよく聞かれることがありました。つまり90cm×45cm×45cm水槽で 生涯飼育が可能かと言う事ですが、正直言ってあまりオススメできる環境ではありません。
何故ならアロワナは全長が60~90であるのに対し、 90cm水槽は奥行きが45cmしか無い為です。魚が30cm程度のサイズであれば問題無いのですが、ある程度成長してしまうと ターンがし辛くなり、最悪の場合には健康な成長が妨げられて背骨が曲がるなどの障害が発生して死んでしまいます。
実際に飼育されている方も多いとは思いますが、出来れば奥行きが60cm以上ある水槽(90cm水槽でも、奥行きが60cmのタイプがあります)を準備してあげましょう。 特にシルバーアロワナはあっという間にサイズが大きくなる上に大きい個体はショップでも引き取ってはくれません。各自責任を持って購入&飼育して下さい。
ろ過装置
上部式ろ過装置水槽が大きくなるので、必然的にろ過装置も大きくなります。しかも、アロワナの場合、生き餌を与えることも多く、水槽が汚れやすいのでメンテナンスが簡単なのはとても便利です。
一番安くて使い勝手が良いのは上部式のろ過装置です。90cm用のろ過装置などであれば、比較的安価に設置できると思います。
 大型水槽とオーバーフローろ過装置(下水槽)もし、水槽をずっと動かさないことが確定しているのであれば、オーバーフロー式のろ過装置もおすすめです。水槽やキャビネットの加工が必要なので費用も高くなってしまいますが、濾過容量やメンテナンスなどで上部式ろ過装置より利便性が高いです。ただ、水槽の特有の水の音(バチャバチャ)は上部式よりもうるさいかもしれません。
他の方法としては、外部式ろ過装置なども使えると思いますが、大型の外部式濾過装置は単体でもかなり重くなってきますので、メンテナンスは大変です。
ライト、ヒーター
アジアアロワナアロワナ水槽の場合、水草を入れることはほとんどありませんので、魚が綺麗に見えるようなライトを設置することが多いです。特に赤くなるタイプのアロワナには赤いライトを当てるとより綺麗に見えます。それと、飛び出しの可能性がある魚なので、水槽の蓋も兼ねてライトを置くのは必要だと思います。

 

飼育方法

単体飼育であれば、飼育自体は難しくないと思います。きちんと餌をあげること、できれば人工餌にも慣らしておくこと水換えをサボらないことを守れば大丈夫でしょう。特に水換えですが、ろ過装置のところでも書いたように水が汚れやすいです。水が汚れると水質が酸性になりやすくなり、酸性の水槽から一気に水換えをすると魚がペーハーショックを起こす(最悪死ぬ)場合もありますので、水換えだけは定期的に行って下さい。

熱帯魚の飼育

Posted by red565