アフリカンシクリッド

アフリカンシクリッドとは?

中央アフリカにあるマラウイ湖、タンガニイカ湖に生息しているシクリッドです(そのままやんけ)。シクリッドとは簡単に言うと “ちょっと気が荒い小型〜中型の魚”で海産のスズキから進化した魚達です。 シクリッドと言えばアマゾン川などの中南米に生息する種類(エンゼルやディスカス、オスカー、アピストなど)が「南米シクリッド」と呼ばれており、 非常にポピュラーですが、その種類は150〜200であるのに対し、アフリカンシクリッドは500〜600種と非常に種類が多いのは知られていなかったりします。 ただ、治安や伝染病、その性質の関係でしょうか、実際に流通されている種類は100種類前後だと思います。
アフリカンシクリッド一番の特徴は色彩で、鮮やかな青や黄色の金属光沢はは海水魚と見間違う程です。 また、マラウイ湖に生息するほとんどの種類はマウスブリーダーと呼ばれる口内孵化を行い、繁殖も意外と簡単です。海水魚を飼いたいけど予算が無い、 簡単に海水魚の雰囲気を味わいたい方には是非オススメの熱帯魚達です。
カエルレウス エレクトラ オレンジピーコック アルビノピーコック

主な飼育器材

アフリカン水槽その2 アフリカンシクリッドは2つの湖に生息すると書きましたが、上の写真の魚はフロントーサ以外全てマラウイ湖に生息しています。 つまり、2つの湖には別々の種類が生息し、別々の生態系を作っている訳で、マラウイ湖には中大型で魚食性のシクリッドが、 タンガニーカ湖には小型で付着藻類が主食のシクリッドが主に生息しています。今回、ここでは人気の高い マラウイ湖産で全長が10cm程度の魚達について飼育方法を書きたいと思います。
さて、飼育にあたって南米産の熱帯魚と違う点はPHです。マラウイ湖のHPは7.7〜8.9とアルカリ性であり、 当然水質もその範囲内にしてあげる必要があります。こう書くと「なんじゃ面倒くさそう」ですが、底砂やろ材としてサンゴ砂を 右写真(クリックすると拡大します)のように使用するか、飾りでサンゴや貝殼を入れてあげれば簡単にPHをその範囲内に安定できます。 また、各装置についてについての説明は以下の通りです。

水槽
ほとんどの種類が10cm以上のサイズに成長する上、テリトリー争いをする事が常なので、最低でも60cm以上の水槽 で飼育する事が望ましいです。また、高さのある水槽の方が見た目にも楽しめるのではないでしょうか。
ろ過装置
魚のサイズが大きい分、水を汚すのでろ過能力は十分に確保する事。また、遊泳性が強く、 水流がある方が好きなので外部式ろ過装置や上部式ろ過装置が良いでしょう。
蛍光灯
飼育にあたって強光は必要ないので1灯式の蛍光灯でもOKです。ちなみに上の写真では 海水魚用の蛍光灯を使用しています。
その他
サイズが大きく、酸素消費量も多いので出来れば左下写真の様にエアレーションをした方が望ましいです。 ちなみに上写真は底砂内部にエアカーテンを埋め込み、ポコポコと水が湧き出ている様を演出しています。 また、テリトリー争いをする事が多いので岩やサンゴなどで弱い魚が隠れる場所を作ってあげます。 それと、水草は食べられてしまう事が非常に多く、たとえアヌビアス種であっても簡単にかじられてしまいますので使用しない方が良いでしょう。

飼育方法

アフリカン水槽その1 (右写真3枚はクリックすると拡大します)
水槽に対し飼育する匹数が少なすぎるとテリトリーの主張が強く、喧嘩が多くなるので、サイズのそろった魚達を 60cm水槽では3〜5匹、90cm水槽では8〜10匹程度入れてあげます。また、岩やサンゴで隠れ場所を作ると書きましたが、 繁殖時には雌が平らな場所に産卵しますので平石で平らな場所も作ってあげた方が良いでしょう。
マラウイ湖産のシクリッドは非常に大食漢なので、常に餌を欲しがりますが、水質維持の為にも1日に1〜2回だけ給餌するようにします。 ただ、気が強い魚達である為、餌を食べられない個体が出ないよう、1回の餌の量を少し多め(あくまでも残らない様)に与えてあげましょう。 餌の種類ですが、正直言って「何でも食べます」。フレーク状の餌でも良いで アフリカン水槽その4すが、 水質維持の為にも基本的にはシクリッド用の顆粒状餌を与え、時々冷凍赤虫やメダカを与えるのが一番理想だと思います。
シクリッドは強靭な種類が多いのですが、私の経験上では意外と水質の変化に弱い印象があります。急な水替えはなるべく控え、 多くても2〜3分の1程度の水替えを7〜14日に1回は行いましょう。また、くれぐれも水質悪化には十分注意し、外部式ろ過槽であれば定期的な清掃、 上部式であればウールの交換を行えばまず大丈夫です。その他、高温にも意外と弱いので水温を20〜28℃程度と高温にならないように注意しましょう。

繁殖について

アフリカン水槽その3 マラウイ湖産シクリッドの醍醐味としてマウスブリーディングがあげられます。これは平石に産卵した卵をと雄の精子を雌が口内で受精させ、孵化育成するもので、 雌の口から吐き出される頃には自由遊泳どころか親の面影すら感じさせます。
特別な事をしなくても健康な雄と雌がいれば繁殖は簡単で、気付いたら雌のアゴがおたふく風邪のようにパンパンだったりします。 ただし、混泳水槽ではハイブリッド(雑種)が出来やすい事と、卵を咥えた雌が約3週間餌を食べずに世話をする為に、 痩せてしまう事が難点です。特に痩せてしまった雌は注意しないとそのまま餌を食べれずに死んでしまう事もあるので、 10日〜14日経った時点で吐き出させた方が良いでしょう。吐き出させ方は稚魚を入れる容器に雌の口をつけ、 エラブタを軽く押すと口から稚魚がこぼれ出ます。その後、稚魚には細かく砕いたフレークフードやブラインシュリンプ、冷凍赤虫を与えると簡単に餌付きます。