器具編 その7

その他器材

その他、必要な器材をまとめてみましたが、紹介している順番にこれと言った理由はありません。また、価格は定価と店の販売価格を参考にしましたので、実際の価格とは違う場合もあります。

網(ネット) 150円〜
水草の枯葉や魚をすくったりします。あると何かと便利です。
底砂クリーナー 底砂クリーナー700円〜)
底砂内を清掃する為の器具で水替え時に使用します。粒の大きい砂は意外と汚れているので必ず清掃しましょう。
水温計
水温計 水温を計るのに必要で、デジタル式(3,000円)の物もありますが、普通のタイプ(200円)で十分です。 水槽に貼り付ける吸盤が古くなった場合は吸盤のみを交換しましょう。
カプカプ
カプカプ ジュースのペットボトル(1,5リットル)上部を切って作ったカップ。お店ではそう呼んでいますが、これが意外と便利で重宝します。一家に一個!!
キスゴム・ストレーナー キスゴム、ストレーナー
キスゴム(100円)はホースを止めるのに使用します。ストレーナー(300円)は 上部式ろ過槽の物でホースの先に付けて使用すると魚を吸い込みません。
フレッシュリーフがオススメ 1,000円
魚が病気になった時に使用します。1種類くらいは常備しておきましょう。
コントラ・コロライン カルキ抜き
水道水に入っている塩素などの有害物質を無害化します。固形の物もありますが、液体の方が使用しやすいと思います。(600円
産卵箱 産卵箱900円〜
生まれたばかりの稚魚や虐められている魚を隔離するのに使用します。
ヒーターカバー ヒーターカバー1,200円〜
ヒーターで魚がやけどするのを防ぎます。ヒーター自体も目立たなくなります。
水槽キャビネット 水槽台
木製専用キャビネット(26,000円〜)は高価ですが、見た目にはすっきりしており良いです。また、鉄骨アングル台 (7,000円)の様に2台置ける物や木製の安価な商品(6,000円〜)も発売されています。色々と探してみてはいかがでしょうか?
スクレーパー スクレーパー600円
水槽面の清掃に使用します。クレジットカードやテレカでも代用できます。
CO2タイマー タイマー6,500円
ライトや炭酸ガス添加装置を設定時刻どおりにコントロールします。電気屋で売っている物でも代用できます。
固形肥料 肥料1,000円〜
液体と固体の種類があります。根を良く張る水草には固形、そうでない種類には液体を使用します。
アンモニア試薬 水質検査薬1,600円〜
ペーハーやアンモニア濃度を測る物など色々と発売されています。PH試薬とアンモニウム試薬はあると便利です。
苔防止剤 苔防止剤800円
苔の発生を抑えます。ただ、苔の発生は飼育環境に問題がある事が多いので、あくまでも最後の手段として使いましょう。
エアポンプ一式 エアポンプ1,000円〜
通称”ブクブク”は無くても飼育可能ですが、魚を入れる時や緊急時などにあると便利です。
400円程度〜
品種やサイズによって様々な物がありますが、詳しくはメンテナンス編その1をご覧下さい。
ガラス蓋600円〜
水の蒸発を防ぎ、冬場は保温効果があります。無くても良いですが、あった方が良いです。
フードタイマー4,800円〜
旅行などで留守の時や、一人暮らしなどで定期的な給餌が不可能な場合には自動的に餌を与えてくれるタイマーを使用すると安心です。
ホース、バケツ100円〜
ホースは水替え時に使用します。多少長めに購入しましょう。また、バケツは水替えや新しく魚を入れる時の水合わせなど、1個あると何かと便利です。
ピンセット、はさみ600円〜
水草のトリミング(カット)や植栽に使用します。家庭用の物でも十分ですがADAのピンセットなど専用商品の方が長時間使用しても疲れません。
留守餌500円〜
旅行などで数日間留守にする際に使用する餌です。固い錠剤を水中に入れておき、少しずつふやけた分を魚が食べれる仕組みになっています。