ランナーで増える水草

前面に蜜植させる事で自然さを増す前景草、トリミングはちと面倒です。
該当品種
エキノドルス・テネルス、ピグミーチェーンサジタリア、グロッソスティグマ、ヘアグラス、コブラグラスなど

エキノドルス・テネルスとピグミーチェーンサジタリア

トリミング方法その1 芝生の様にランナーを伸ばして増えるこれらの品種は蜜に茂るほど綺麗なのであまりトリミングを行わないません。 トリミングを行う時は右図の赤線でカットし、必要な分だけ植え直します。 また、一部が茂りすぎてしまった時はその部分を剥ぎ取りながらランナーをハサミでカットして間引くと良いでしょう。
また、育成にあたっては主に固形肥料(テトラクリプト)を使用し、炭酸ガスの添加を行う事によって意外と早く密生させる事が出来ますが、ピーサジは液肥も与えないと葉が白化してしまいますので注意が必要です。

グロッソ・スティグマ

グロッソのトリミング 水草水槽の人気を上げたかわいらしい水草です。育成自体は簡単なのですが、最初に植える時は結構面倒です。 まず、右図赤線のように葉っぱ2〜3対ごとにカットします。 次にピンセットで砂の内部に深く植え込みますが、葉が少し見える程度に深く植えましょう。 そうしないと横にではなく上方に新芽が伸びてしまいます。
また、肥料は固形肥料を使用し、光を二酸化炭素を十分に与えればどんどん横にランナーを出して増えて行きます。 上に伸びてしまう時は光量が足りない場合が多いようです。
尚、茂りすぎると幾重にも葉が重なってしまい、下方から枯れてしまいますのでそうなる前に所々をハサミでカットしながら剥ぎ取って間引きます。 子供の頭のハゲのような感じで切り取ると良いでしょう。

ヘア・グラス(右写真)とコブラ・グラス、バリスネリア

ヘアグラス ヘア・グラスは名前の通り髪の毛の様な水草です。トリミング方法は散髪の要領で伸びすぎた葉をカットし、増えすぎて密植した時はテネルスなどと同様に剥ぎ取って間引きます。 炭酸ガスは必ず添加し、肥料は固形肥料を使用します。
また、コブラグラスは成長が遅いので苔の付着には注意し、エビやオトシンクルスを必ず入れるようにしましょう。 トリミングは同様に間引くだけで良いです。炭酸ガスの添加は不要ですが、出来れば添加を行い、肥料も固形肥料を少量で良いので使用しましょう。 バリスネリアは テープ状の葉を持つ水草です。比較的丈夫ではありますが、ある程度の光がないと葉が黄色くなります。 また、葉が長く伸びると見苦しくなりますが、散髪の要領でトリミングを行えばOKです。後方に多く植えることで水槽内が賑やかになります。